◆ 社名 株式会社新井製作所
◆ 本社工場 〒339-0072
埼玉県さいたま市岩槻区大字古ケ場600-1
TEL:048-794-2136
FAX:048-794-7885
FAX:048-794-2286(技術・調達部直通)
◆ 敷地面積 土地:13,650u(4,130坪) 建物:3,595u(1,090坪)
◆ 創業 1947年(昭和22年4月)
◆ 設立 1954年(昭和29年11月)
◆ 資本金 2,000万円
◆ 代表者 代表取締役 新井 潔(アライ キヨシ)
◆ 売上高 9億円
◆ 従業員 50
◆ 事業内容 高速自動プレスによる各種モータ、発電機等の鉄芯製造・
トランスファープレスによる絞り加工・アルミダイキャスト鋳造・金型治具設計製作・
小型モータ設計開発製造・モータローラー設計開発製造(ウエストンローラー:自社ブランド)
◆ 取引銀行 武蔵野銀行 岩槻支店
足利銀行 岩槻支店
三井住友銀行 春日部支店
◆ 関連会社 株式会社 新晃電機

■ 昭和22年 4月 新井清 松・新井久により東京都北区東十条にて創業、
プレス加工による自動車部品及び電機・電子部品の製造を開始
■ 昭和29年 11月 法人へ 組織変更し株式会社新井製作所を設立、
取締役社長に新井清松が就任
■ 昭和30年 4月 経済の 発展に伴いモータ鉄芯用金型技術を研究開発し、各種モータ鉄芯の製造を開始
■ 昭和36年 4月 各種 モータ鉄芯の需要増加に伴い、ダイキャストマシン及び高速自動プレスの設備を増設
■ 昭和40年 2月 埼 玉県川口市に株式会社新晃電機を設立、小型モータの組立製造を開始
■ 昭和44年 8月 事業拡 張に伴い、埼玉県岩槻市に本社工場を新設移転
■ 昭和46年 1月 旧新井 製作所 移転跡にて株式会社新晃ロンドルを設立、家庭用電化製品の製造を開始
■ 昭和46年 11月 本社工 場敷地内に第二工場を新設
■ 昭和55年 5月 400 トン3次元トランスファープレスを導入し、絞り加工及び一般プレス加工の効率化を図る
■ 昭和58年 7月 取締役 社長に新井久が就任
■ 昭和60年 4月 本社工 場内に株式会社ステップを設立、小型モータ鉄芯の金型及び関連治工具の開発・設計製作を開始
■ 昭和61年 9月 ブルー ダラー製 新型高速プレス機を導入し、製造体制を強化
■ 平成2年 1月 本社工 場敷地内に第三工場を新設し、CAD/CAM導入によりハイテクモータ用金型の設計製作を開始
■ 平成2年 5月 本社工 場敷地内にダイキャスト工場を新設し、150トン〜200トンの真空ダイキャストマシンを導入
ダイキャストロータの高品質化を図る
■ 平成2年 10月 資本金 を2,000万円へ増資、従業員持株制度を導入
■ 平成6年 6月 社内 LANシステムを導入し、業務IT化を促進
■ 平成8年 5月 高速自動プレスを増設し、設備の拡充を図る
■ 平成12年 9月 取締役 社長に新井浩が就任
■ 平成13年 9月 埼玉県 岩槻市の浮谷工場を株式会社新晃電機より取得し、
組立及び倉庫用地の拡充を図る
■ 平成13年 10月 本社工 場敷地内に生産管理棟を新設し、株式会社新晃電機の
モータ製造設備・技術を移管、モータ完成品の一貫生産体制を整える
■ 平成14年 12月 取締役社長に新井潔が就任
■ 平成15年 11月 株式会 社昭電社より「ウエストンローラー?」の営業譲渡を受け、
マテハン設備向けモータローラーの製造を開始
■ 平成16年 10月 マネジ メントシステムISO9001:2000「品質・顧客満足度向上のため」国際認証取得
■ 平成17年 2月 エスカ レーター手すりベルト除菌洗浄装置「ACクリーナー」を設計開発し、特許を取得
(特許第3482193号・特許第3619501号)
■ 平成22年 4月 株式会 社島田製作所 3軸NCトランスファーロボット製造工場(長野県伊北事業所)
立ち上げにあたり、共同出資を行う
■ 平成23年 4月 株式会 社島田製作所 伊北事業所、共同出資解消
■ 平成29年 11月 業界初 「商用電源直結ブラシレスモータローラー」を設計開発し、製造を開始
■ 平成29年 12月 IT設 備刷新によりARAI-ERPを構築、業務革新を図る
(主要製造装置のIoT化、タブレットによる作業時間集計による実際原価の見える化など)
■ 平成30年 9月 「商用電源直結ブラシレスモータローラー」が、モノづくり日本会議/日刊工業新聞社より
[2018年"超"モノづくり部品大賞(機械・ロボット部品賞)]を受賞
■ 平成31年 1月 「商用 電源直結ブラシレスモータローラー」が、埼玉県より
[第8回 渋沢栄一ビジネス大賞(テクノロジー部門)]を受賞
■ 令和元年 11月 「商用電源直結ブラシレスモータローラー」が、第76回 九都県市首脳会議にて
[九都県市のきらりと光る産業技術(埼玉県推薦)]を受賞
■ 令和元年 11月 本社工 場が、埼玉県より[彩の国工場]の指定を受ける
■ 令和3年 9月 「多様な働き方実践企業」 埼玉県庁より認定